更年期の正しい知識

更年期の正しい知識

サイト情報

HOME
お問合わせ
プライバシーポリシー
サイトマップ

更年期とは

個人差のある症状
自分で出来る更年期チェック
若年性更年期
年齢と原因

更年期に気をつけたい病気

関節に関する病気
血液に関する病気
骨に関する病気
耳に関する病気
目に関する病気

更年期をのりきろう

食生活のアドバイス
生活習慣のアドバイス

更年期障害の治療

パッチ剤によるホルモン療法
ホルモン補充療法
ホルモン補充療法による他の効果
漢方
内服薬によるホルモン療法

更年期障害の様々な症状

ホットフラッシュ
めまい
手足のしびれ
情緒不安定
身体の痛み
内臓のトラブル
排尿の不具合
疲労感
皮膚のかゆみ
婦人科系のトラブル
冷え

男性の更年期障害

男性更年期と治療
男性更年期になりやすい人とは
男性更年期障害の原因と症状

更年期の正しい知識

はじめに

女性の閉経を挟んだ約10年の事を更年期と呼びます。平均閉経年齢は50歳と言われているので、大体45?55歳の間の事ですが、人によって個人差が大変大きい為、「何歳から何歳までが更年期」と一概には言えません。更年期の原因として、卵巣機能の低下があげられますが、それだけではなく、その人の暮らしている環境や、本人の気質や体質による要因も重なって、症状が出ると言われています。

更年期症状の表れ方には個人差があり、ほとんど症状を感じないまま過ごす人もいれば、いくつもの症状に悩まされてしまう人もいます。最も多く見られる症状として、ホットフラッシュと呼ばれる「のぼせ」や「ほてり」があります。これは血管系の自律神経に失調をきたす為に起きる症状で、同じ原因で血圧の変動や冷え、動悸や息切れなどもあります。

他にも皮膚や内臓、泌尿器系など、症状の表れる場所は多種多様です。また、精神的に不安定になるという人も多いでしょう。これらは、卵巣機能の低下によってエストロゲンの分泌が低下してゆきやがて停止する事により、ホルモンのバランスが崩れてしまう事が原因です。また、閉経までにはまだ時間のあるはずの若い女性にも「若年性更年期障害」が増えているという報告もあります。これは、ストレスなどによる自律神経の乱れが主な原因で、早めに婦人科で治療を受ける事が大切です。

それでは、月経の無い男性には更年期は無いのでしょうか?以前は女性特有のものだと思われていた更年期ですが、最近では男性にも更年期障害があるという事がわかってきました。女性の閉経の様にハッキリした基準が無い為わかりにくいのですが、老化と共にテストステロンという男性ホルモンの分泌が少なくなる期間に症状がでます。

概ね40代中頃?50代前半に多いと言われていますが、30 代で起きる事もあります。しかし、医師の中にはまだ男性の更年期障害への理解が少ない場合も多く、正確な診断を受けられないまま病院を転々としてしまうという事も多いのです。

更年期は正しい知識を持つ事で、適切な治療を行い、生活習慣や食事に気をつければ、症状を軽くする事が出来ます。過度の心配をせず、上手に乗り切りましょう!

Copyright (C) 更年期の正しい知識 All Rights Reserved