更年期の正しい知識

更年期の正しい知識

サイト情報

HOME
お問合わせ
プライバシーポリシー
サイトマップ

更年期とは

個人差のある症状
自分で出来る更年期チェック
若年性更年期
年齢と原因

更年期に気をつけたい病気

関節に関する病気
血液に関する病気
骨に関する病気
耳に関する病気
目に関する病気

更年期をのりきろう

食生活のアドバイス
生活習慣のアドバイス

更年期障害の治療

パッチ剤によるホルモン療法
ホルモン補充療法
ホルモン補充療法による他の効果
漢方
内服薬によるホルモン療法

更年期障害の様々な症状

ホットフラッシュ
めまい
手足のしびれ
情緒不安定
身体の痛み
内臓のトラブル
排尿の不具合
疲労感
皮膚のかゆみ
婦人科系のトラブル
冷え

男性の更年期障害

男性更年期と治療
男性更年期になりやすい人とは
男性更年期障害の原因と症状

更年期に気をつけたい病気

関節に関する病気

更年期に関節の痛みやこわばりを感じる人も多いと思いますが、それが必ずしも更年期のせいとは限りません。特に、関節リウマチによるなどは、更年期の女性に見られる事が多く、女性の患者数は、男性の3?4倍と言われています。

関節リウマチの原因ははっきりとはわかっていませんが、遺伝的要因やウィルス感染、そして女性ホルモンの影響などが原因として考えられています。

最初はまず、朝起きた時に手が腫れぼったく、指を曲げにくいという症状が現れます。また、足の指の付け根や手首などが痛みだし、しだいに腫れを伴う様になります。しかし、人に寄っては、膝やひじなどの大きな関節から発症する事もあります。進行すると関節が変形して動かしにくくなり、肺や心臓、肝臓、腎臓、眼、皮膚、神経などの関節以外にも症状が出る事があります。

関節リウマチの原因はハッキリとはわかっていませんが、家族や親族に関節リウマチの患者がいる場合には、なりやすい傾向があるのは確かだと言われています。

更年期と関節リウマチの違いの見分け方としては、手がこわばる様な感覚が15分以上あり、それが毎日1週間以上続く場合は、更年期ではなく関節リュウマチである可能性が高いという事です。関節リウマチは、放置した場合には、骨の破壊や変形をまねく事もあり、歩行や日常生活も困難になりかねません。更年期かもと思っても、不快な症状が続いた場合には、一度専門医を受診する事をおすすめします。

Copyright (C) 更年期の正しい知識 All Rights Reserved