更年期の正しい知識

更年期の正しい知識

サイト情報

HOME
お問合わせ
プライバシーポリシー
サイトマップ

更年期とは

個人差のある症状
自分で出来る更年期チェック
若年性更年期
年齢と原因

更年期に気をつけたい病気

関節に関する病気
血液に関する病気
骨に関する病気
耳に関する病気
目に関する病気

更年期をのりきろう

食生活のアドバイス
生活習慣のアドバイス

更年期障害の治療

パッチ剤によるホルモン療法
ホルモン補充療法
ホルモン補充療法による他の効果
漢方
内服薬によるホルモン療法

更年期障害の様々な症状

ホットフラッシュ
めまい
手足のしびれ
情緒不安定
身体の痛み
内臓のトラブル
排尿の不具合
疲労感
皮膚のかゆみ
婦人科系のトラブル
冷え

男性の更年期障害

男性更年期と治療
男性更年期になりやすい人とは
男性更年期障害の原因と症状

更年期障害の治療

内服薬によるホルモン療法

ホルモン補充療法(HRT)は、体内で不足したエストロゲンを治療により補充する為、早期に劇的な効果が出る事が多いです。しかしエストロゲンだけを補充してゆくと、性器からの出血や乳房の張りなどの副作用が現れる事もあります。

これらの予防の為に黄体ホルモン(プロゲステロン)という卵巣から分泌されるホルモンを補充する必要があります。その為、ホルモン補充療法(HRT)では、エストロゲンとプロゲステロンの2種類の薬を飲むのが一般的です。

女性ホルモンの投与というとピルを思い出す人も多いかと思いますが、その目的はホルモン補充療法(HRT)とは異なります。ホルモン補充療法(HRT)は、エストロゲンが減少している人に対し、それを正常値に近づけるために行います。一方、ピルはエストロゲンが正常値の人に対し、さらにエストロゲンを投与する事により、人工的に排卵を押さえる事を目的に投与されます。もともと女性ホルモンの含有量も違うので、間違えて服用しない様にしましょう。

内服薬の場合、まずは消化器を通ってから血液に入ります。その為、消化器が弱い人は内服薬をさけ、貼り薬にしてもらった方が良いでしょう。ホルモン補充療法(HRT)を長期続ける事によるリスクに乳癌などの病気にかかる率がわずかに上がるのは事実ですが、過度に心配する事はありません。

逆に定期的に検診を受ける様にする事で、更年期障害以外の隠れた病気の早期発見に繋がるケースも報告されています。しかしすでに子宮がんや乳癌を発症されていて治療薬を処方されている人は、ホルモン補充療法(HRT)を行う事はできません。

Copyright (C) 更年期の正しい知識 All Rights Reserved