更年期の正しい知識

更年期の正しい知識

サイト情報

HOME
お問合わせ
プライバシーポリシー
サイトマップ

更年期とは

個人差のある症状
自分で出来る更年期チェック
若年性更年期
年齢と原因

更年期に気をつけたい病気

関節に関する病気
血液に関する病気
骨に関する病気
耳に関する病気
目に関する病気

更年期をのりきろう

食生活のアドバイス
生活習慣のアドバイス

更年期障害の治療

パッチ剤によるホルモン療法
ホルモン補充療法
ホルモン補充療法による他の効果
漢方
内服薬によるホルモン療法

更年期障害の様々な症状

ホットフラッシュ
めまい
手足のしびれ
情緒不安定
身体の痛み
内臓のトラブル
排尿の不具合
疲労感
皮膚のかゆみ
婦人科系のトラブル
冷え

男性の更年期障害

男性更年期と治療
男性更年期になりやすい人とは
男性更年期障害の原因と症状

男性の更年期障害

男性更年期障害の原因と症状

以前は女性特有のものだと考えられていた更年期障害ですが、近年では男性にも起こるという事が知られてきました。しかし、女性の更年期ほど一般に認知されていない為、周囲の理解が得られない、また医者によっても理解が低い為に別の病気を誤診してしまう等、深刻な問題を抱えています。

男性の更年期は、40歳頃から60代前半にかけて、加齢や心身にかかる過度のストレス等が原因となって男性ホルモン(テストステロン)の欠乏症状が生じる事により、様々な不快な症状がおきるというものです。

女性に比べてホルモンの減少が穏やかである為、気がゆっくりと低下ゆき、気虚と呼ばれる症状が多く現れます。何に対してもやる気が起きない、集中力が無くなってしまうなどが代表的なものですが、ただの「さぼり病」や「鬱」と誤診されてしまう事が多く、正確な診断がなかなか得られなかったりします。

主な症状は、身体的症状、精神的症状、性機能の低下の3つに分類されます。主な症状を列挙してみましょう。身体的症状では、関節痛や腰痛、疲れやすくなった、ひげや体毛の伸びが遅くなった、筋肉が落ちたと感じる、顔のほてり、突然に汗が大量にでるなどです。

精神的症状では、不眠または熟睡できない、小さな事にイライラする、わけもなく不安になる、気分が落ち込んでなかなか浮上しない、無力感、何をしても上手くいかないと感じる、なんとなくずっと調子が悪いなどの症状があります。また、性欲が起きなくなった、勃起しない、勃起が継続しないなどの性的機能の低下もあります。これらの中に当てはまるものが多い場合は、更年期障害の可能性があります。

Copyright (C) 更年期の正しい知識 All Rights Reserved