更年期の正しい知識

更年期の正しい知識

サイト情報

HOME
お問合わせ
プライバシーポリシー
サイトマップ

更年期とは

個人差のある症状
自分で出来る更年期チェック
若年性更年期
年齢と原因

更年期に気をつけたい病気

関節に関する病気
血液に関する病気
骨に関する病気
耳に関する病気
目に関する病気

更年期をのりきろう

食生活のアドバイス
生活習慣のアドバイス

更年期障害の治療

パッチ剤によるホルモン療法
ホルモン補充療法
ホルモン補充療法による他の効果
漢方
内服薬によるホルモン療法

更年期障害の様々な症状

ホットフラッシュ
めまい
手足のしびれ
情緒不安定
身体の痛み
内臓のトラブル
排尿の不具合
疲労感
皮膚のかゆみ
婦人科系のトラブル
冷え

男性の更年期障害

男性更年期と治療
男性更年期になりやすい人とは
男性更年期障害の原因と症状

更年期障害の様々な症状

疲労感

更年期の女性の約7割は、疲労感や倦怠感を感じているといいます。これはホルモン分泌の急激な減少や、それに伴う自律神経の変調を、体が調整しようとしている結果です。

更年期の疲労感は、その程度の大小はありますが、ハッキリと自覚症状が続きます。特に忙しいわけでもないのにどっと疲れてしまう、1日の疲れがなかなか取れない、倦怠感で何もする気が起きないなどの症状に悩まされている人は多い事でしょう。また、更年期にあたる時期は、親の介護や子供の自立など、生活面でも大きな変化が起こる時期でもあり、生活上のストレスも大きいと思われます。

特に大きな変化は無くても、以前と違って気力も体力も落ちていると感じて落ち込む事もあるでしょう。しかし焦って気力を出そうとしたり、無理に疲れを取ろうとしても、返ってどっと疲れてしまったりするのではないでしょうか。この時期は、「こういうものだ」と割り切って、スローペースで過ごすのが良いでしょう。心も体も、また時期がくれば元気になります。気長に、気楽に取り組みましょう。

自分でできる対象方法としては、まずは生活リズムを整える事です。充分な睡眠を確保し、出来るだけ決まった時間に寝る様にしましょう。できるだけゆっくりとしたスケジュールで暮らすのが好ましいですが、だからといって体を動かさずにダラダラしていては返って疲れが取れません。出来る範囲で体を動かしましょう。そして一番大切な事は、なにもかも自分で抱え込まない様にする事です。家族の理解を得て、自分以外の人が出来る事は頼む、それを必要以上に心配し過ぎない様にしましょう。

どうしても症状が改善しない場合には、婦人科へ相談して下さい。カウンセリングやホルモン補充療法、症状に応じた薬などにより、症状が楽になります。更年期で通院というと構えてしまいがちですが、風邪を引いたら病院へ行く様に、まずは気軽に受診してみましょう。

Copyright (C) 更年期の正しい知識 All Rights Reserved