更年期の正しい知識

更年期の正しい知識

サイト情報

HOME
お問合わせ
プライバシーポリシー
サイトマップ

更年期とは

個人差のある症状
自分で出来る更年期チェック
若年性更年期
年齢と原因

更年期に気をつけたい病気

関節に関する病気
血液に関する病気
骨に関する病気
耳に関する病気
目に関する病気

更年期をのりきろう

食生活のアドバイス
生活習慣のアドバイス

更年期障害の治療

パッチ剤によるホルモン療法
ホルモン補充療法
ホルモン補充療法による他の効果
漢方
内服薬によるホルモン療法

更年期障害の様々な症状

ホットフラッシュ
めまい
手足のしびれ
情緒不安定
身体の痛み
内臓のトラブル
排尿の不具合
疲労感
皮膚のかゆみ
婦人科系のトラブル
冷え

男性の更年期障害

男性更年期と治療
男性更年期になりやすい人とは
男性更年期障害の原因と症状

更年期障害の様々な症状

婦人科系のトラブル

更年期には、おりものの異常や不正出血等の婦人科の症状が出る事もあります。おりものは、女性ホルモンのエストラゲンの分泌が少なくなる事で、不正出血は、卵巣の働きが弱まる事で起きます。日常生活で大きな問題が無い場合が多く、婦人科系はデリケートな問題でもあるため、そのまま我慢してしまいがちです。

しかし婦人科系の病気は、更年期の症状と間違えやすいので注意が必要です。更年期障害と間違えやすい病気に、子宮癌、子宮下垂、子宮脱があります。おかしいな、と思ったら、早めに婦人科を受診しましょう。

また、更年期に入ってエストロゲンが減少する事により、皮膚が萎縮して乾いた状態になります。膣やその周辺にも同じ事が起きますので、その部分の皮膚や粘膜が薄くなります。また性的に興奮すると、膣の壁から分泌物が出て膣を潤します。しかし、この分泌物も減ってきて、膣内部が乾いた状態になります。

この為、かゆみを感じる事や、性交時に痛みを感じる様になる人がいます。また外陰部の皮膚が薄くなり、粘膜も弱くなる為、下着でこすれるだけで傷ついて出血してしまったりする事もあります。同じ理由で、性交時に出血する事もあります。

デリケートな部分のトラブルなので、性病ではないかと誰にも言えずに悩んだり、痛みから性交に対して恐怖心が生まれ、性行為自体が負担になってしまう女性も多くいます。しかしこれらの症状は、更年期の女性なら誰でも起こりうる事です。我慢せずに早めに婦人科を受診しましょう。ホルモン補充両方なども効果がありますし、膣座薬が用いられる事もあります。これを数日使う事で、潤いが出て、痛みを感じなくてすむ様になります。

Copyright (C) 更年期の正しい知識 All Rights Reserved