更年期の正しい知識

更年期の正しい知識

サイト情報

HOME
お問合わせ
プライバシーポリシー
サイトマップ

更年期とは

個人差のある症状
自分で出来る更年期チェック
若年性更年期
年齢と原因

更年期に気をつけたい病気

関節に関する病気
血液に関する病気
骨に関する病気
耳に関する病気
目に関する病気

更年期をのりきろう

食生活のアドバイス
生活習慣のアドバイス

更年期障害の治療

パッチ剤によるホルモン療法
ホルモン補充療法
ホルモン補充療法による他の効果
漢方
内服薬によるホルモン療法

更年期障害の様々な症状

ホットフラッシュ
めまい
手足のしびれ
情緒不安定
身体の痛み
内臓のトラブル
排尿の不具合
疲労感
皮膚のかゆみ
婦人科系のトラブル
冷え

男性の更年期障害

男性更年期と治療
男性更年期になりやすい人とは
男性更年期障害の原因と症状

更年期とは

若年性更年期

閉経の前後10年間を更年期と呼びますが、驚くべき事に、まだ20代30代の女性の間でも更年期症状が出始めているといいます。生理が不順になったり、止まってしまったりして、更年期障害と同じ様な症状が出てしまっているのです。

その大きな原因のひとつとして、現代人の抱えるストレスの問題が指摘されています。女性が男性と同じ様に仕事をするようになり、社会的な責任を抱えた女性が増え、休日出勤や残業などによる精神的肉体的な負荷が大きくなってきました。また、過度のダイエットや、生活習慣や食生活などの現代の生活そのものがストレスとなっているとも言われています。

しかし取り巻く環境が変わっても、女性の身体はデリケートですから、急にはそれに対応しきれません。女性ホルモンは、脳の視床下部から脳下垂体に命令が下り、卵巣を刺激するホルモンが分泌されるという仕組みになっています。視床下部は自律神経の中枢でもある為、ストレスが加わると自律神経が乱れ、その結果、女性ホルモンが欠乏してしまい、更年期障害の様な症状が現れてしまうのです。

また、過度のダイエットで短期間に体重が落ちた場合など、体がまずは生命活動を優先させる為、生理を止めてしまいます。同じ様に、激しすぎる運動などでも生理が止まってしまう場合もあります。

生理不順や無月経などの症状がある場合に、「生理が無くて楽でいいわ」などと言って病院に行かないでいると、取り返しのつかない事になってしまう事があるので注意が必要です。長く放置すると、治療しても回復しなくなってしまう事もあるのです。また、原因そのものを取り除かなくては意味がありませんから、生活習慣や食生活を見直し、ストレスの無い生活をする様に心がけましょう。

Copyright (C) 更年期の正しい知識 All Rights Reserved